自営業でもモビットのカードローンを組めるの?

仕事の形態は様々。働いている人も様々です。給与をもらっているサラリーマン、アルバイトやパートの方もおられれば、自営業をしている方もおられます。
では自営業をしている方はモビットを利用することができるのでしょうか?
モビットの公式ホームページを見てみると、貸付条件の中に利用対象の欄があり、このような一文があります。「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビット基準を満たす方)アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です」。この中に自営業の方も利用できる旨がしっかりと明記されています。ですから自営業者でも申し込みは可能です。消費者金融のカードローンの中には、個人事業主専用ローンを設けている所もあります。しかしモビットでは特にそれに該当する商品はなく、モビットの通常のカードローンを自営業者でも利用することができます。
もちろん他社がやっているビジネス専用ローンには多少のメリットもあります、例えばアコムには「ビジネスサポートカードローン」というサービスがあり、これは総量規制の対象外とみなされるので年収の3分の1を超える借り入れをすることができるカードローンです。しかし、初めての利用者や、貸金業者からの借入総額が年収の3分の1以下の場合、最初からこのローンを利用することはできないといったデメリット等があります。
こうして比較してみると実際のところ、モビットにこうしたローンが無いことがデメリットには感じられません。逆に手続きに必要な条件や手続きが面倒なので、ビジネスローンがある消費者金融に申し込んだとしても、最終的には通常のカードローンを選ぶ人がかなりおられます。そもそもカードローンというものは使い道が自由というのがメリットなので、自営業者が仕事のために使っても特に問題はないのです。しかもモビットにはきちんと自営業の方でも利用できると明記してあるので、さらに安心して利用することが出来ます。しかしモビットでは自営業の場合、一つだけ個人が普通に借りる場合と違う点があります。それは提出書類です。個人事業主には本人確認書類(運転免許証やパスポート)の提出とは別に、収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のいずれかの写し)や営業状況確認のお願いという書類の提出が求められます。営業状況確認のお願いはモビットからダウンロードすることができます。給与所得者との違いが出る部分となりますので気を付けましょう。

モビットは自営業でも借り入れ可能

借り入れを希望する方の中には自営業の方もいらっしゃることでしょう。モビットでは自営業であっても融資額を減らしたり、審査が厳しくなるということは決してありません。自営業の方であっても申し込みの条件を満たし、安定した収入があれば申し込みは可能です。しかし、自営業の方でも借り入れは可能ですが、複数の消費者金融会社から借り入れしていたり、過去の返済状況が悪いと審査で落とされることがあります。自営業であってもモビットは消費者金融会社の一つですので、総量規制に従って年収の3分の1までの融資となります。
自営業の方が申し込みをする際に必要な書類があります。一つは確定申告書の写しです。そして青色申告決算書の写しもしくは収入内容書の写しです。そしてモビットの公式ホームページでダウンロードできる営業状況確認書類のフォーマットをダウンロードして記入し、審査の時に提出します。この営業状況確認書類は自営業の方のみ記入するものです。この内容によって審査の時に安定した収入があるかが見られます。モビットの申し込み方法はいくつかあります。WEB完結の場合、電話連絡・郵便物がなく、審査も早く、即日借り入れが可能ですが、用意しなくてはいけないものがあります。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座と本人確認書類、収入状況を証明する書類、さらに健康保険証が必要となります。この健康保険証は社会保険証や組合保険証などのことで、国民健康保険証はこの対象外となります。多くの自営業の方は国民健康保険に加入していることでしょう。そのためほとんどの自営業の方はWEB完結での申し込みは不可能となります。しかし、その他のインターネットでの申し込みや郵便、電話の申し込み、ローン申込機での申請は可能ですので、必要書類を揃えた上で申し込みしていただけたらスムーズに手続きを終わらせることができるでしょう。審査が通過すれば、即日キャッシングや提携先ATMでの引き出しが可能となるので気軽に借り入れ、返済をすることができるでしょう。自営業の方が借り入れをする際に気を付ける点があります。それは事業で使うのか、個人で使うのかを明確にしておくことです。さらに、求められた書類を確実に提出することです。自営業のために審査が通らないのではないかと心配な方は一度、モビットのフリーダイヤルに電話をして相談することをオススメします。

自営業者がモビットで借り入れをする時に必要条件はあるの?

自営業をやっている場合、仕事が軌道に乗るまで運転資金がどうしても必要になる事がよくあります。銀行で借り入れをするのはとても難しいのですが、消費者金融の場合は、借り入れたお金を生活費だけでなく、会社の運転資金に利用することも出来るのでとても便利です。しかし、公務員や正社員などと比べるとモビットなどの消費者金融で自営業者がお金を借り入れるのはとても難しいです。今回は審査を通過するのに必要な条件に付いて見ていきましょう。
まず、モビット公式ホームページの貸付条件を見てみましょう。この条件には「満年齢20才〜69才の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)。アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。」と書かれています。まず年齢がこの範囲内にあるかどうかが大切です。自営業の方の中には70歳を超えても働いておられる方も多いので、年齢が利用対象内かどうかまず確認しておきましょう。次に注目するのは「安定した収入」というフレーズです。自営業の場合経営が常に安定しているという事が余りないかもしれません。売り上げにあまりにも波があると、安定した収入があるとはみなされない可能性があるのでこの点も注意しておきましょう。
また金融事故等も起こしていないかチェックしましょう。金融事故とは何でしょうか?これは信用情報機関に記録されている情報の種類の事です。単に返済が多少遅れただけでは金融事故にはなりません。ではどんなものが金融事故として記載されてしまうのでしょうか?延滞情報、延滞継続情報、延滞解消情報、債権回収情報、自己破産情報、個人再生情報、任意整理情報、特定調停情報、保証会社情報などが挙げられます。延滞も数カ月に及んでしまうと記録に残ってしまいます。そして、今挙げた情報の保管期間はどれも約5年程度です。長いと10年残る事もあるようです。ですから普段の返済が正常に行われているようにしておくことはとても大切と言えるでしょう。これをしっかりしておかないと、困った時にモビットをはじめとした消費者金融の利用をすることができなくなる可能性が高くなってしまうからです。
また自営業者は本人確認書類の他に、「営業状況確認のお願い」の提出が必要になる事があります。また、収入証明書の提出を求められることもあるので事前に準備しておくと良いでしょう。源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書などを準備しておくと提出を求められた時に慌てずに済むでしょう。自営業者であっても収入や信用情報がしっかりしていればモビットから借り入れることができるので、よく考えてから申し込むことにしましょう。